• ヘッダー画像
  • ヘッダー画像
  • ヘッダー画像

奥歯の歯列の重要性について

歯並びを矯正すると言えば前歯の方をイメージする方がほとんどではないでしょうか? しかし、実のところ歯並びを気にしなければならないのは前歯だけではありません。 奥歯の歯列は自分では確認しにくく、しばしばおろそかにされがちですが歯の健康にとって重要な役割を持っています。 続きを読む

奥歯の嚙み合わせについて

歯並びを気にするとき、ついつい前歯の方ばかりに目が行って自分で確認できない奥歯の歯列はどうしても意識される機会が少なくなりがちです。
というより、そもそも歯列矯正が必要なほど奥歯の歯並びが乱れる状態になること自体知らない方が多いのではないでしょうか?
仮にあったとしても、それこそ横向きに生えたり抜けかかったりと明らかに異常と判る状態でなければ必要でないとお考えかもしれません。
しかし、目に見えづらくとも奥歯の歯列はミリ単位のズレでも与える影響が大きく、場合によっては身体全体への変調をきたす危険性もあります。
奥歯は歯の中で最も大きく、嚙合わせる際にも首回りや肩の大きな筋肉を使うため、奥歯の歯列に異常があると単に口内の健康を損なうだけでなく、肩こりや倦怠感など連鎖的に身体全体に変調が広がっていくのです。
また、奥歯である大臼歯は食物をすり潰す役割を持っているので、欠損や異常は十分な咀嚼を妨げ、消化器系の臓器への負担を増大させることにもつながります。
ただ、厄介なことに奥歯は口の奥にあるため見えにくく、磨き残しも多い箇所なので、歯の中でも一番寿命が短く損耗しやすい部位なのです。
このため歯列のズレによる影響を受けやすく、ただでさえ短い寿命が更にすり減ることになります。
つまり、奥歯はかなり重要な部位であるにもかかわらず失ってしまう危険性が高く、歯列の乱れは更に咀嚼や体への負担のリスクを高めることになるのです。

おすすめリンク

不正咬合のデメリットについて

歯列の乱れが悪化してくると不正咬合と呼ばれる噛み合わせ不良の症状が出てきます。 不正咬合の中にはしばしば奥歯の歯列の乱れが原因で起こるものもありますので、噛み合わせの際に奥歯が障ったり、逆に奥歯が当たらないなどの症状を感じたらまずお医者様に診てもらうことをお勧めします。 続きを読む

奥歯の嚙み合わせを治すために

歯列の矯正の中でも奥歯への処置は難易度が高い傾向にあり、なるべく専門的な知識を持つ歯科医や高度な設備のある医院で診てもらうのが理想的です。 症状や自分に合ったお医者様を探すためにも、押さえておきたいポイントがあるのでしっかりとここで確認しておきましょう。 続きを読む